お金の問題は、少額であっても嫌なものです。
それが何重にも重なれば、なおのことです。
返したいけど、返せなかったり、貸したお金を返してほしかったり、事業資金の問題であったりと理由は様々です。

  • 何社も重なったカードローンをまとめたい・・・
  • 事業がウィルス問題で立ち行かなくなって、破産を考えています・・・
  • 貸したお金返してほしい・・・
  • 過払い金ってよく聞くけど、私も・・・
  • 家族にバレたくない、どこに行けば良いのやら・・・・・

・・・↑金銭にまつわる問題を抱えているあなたにお届けします。
ご自分で判断すると、問題によっては行くべき場所も順序も間違っている場合もあります!
日本法規情報の債務整理のサービスを利用することで最短で債務整理を進めることが出来ます

お金の問題が解消された際の喜びは、私にもわかります。人並み以上に借金もしましたし、返済もしました。
経験者としていえるのは、「行動は早ければ早いほど良い」ということです。
先送りにすれば、財産が有れば差押えなどの強制的な徴収をされてしまう場合があるのも借金の恐ろしさです。

 

債務を整理することと借金を返済することは似ていますが、趣が少し異なります。
なぜなら、債務整理には自己破産という意味も見え隠れするからです。
しっかり考えて、自分の知識の枠を超えたところは専門家に間違っている点などを指摘し、修正してもらい、本来あるべき姿を取り戻しませんか?
お金の問題をバランスすることが、本来のスタートです
そのためにも積極的に日本法規情報の債務整理のサービスを活用ください!

無料相談

日本法規情報で相談できる債務整理の内容とは?

無料相談

日本法規情報の業務は、あなたの問題解決案内人の紹介業務になります。債務整理であれば、債務整理を得意とする法律事務所などの専門家のご紹介をします。
1人で考えていると、的外れな行動をしてしまうこともあるでしょう。
日本法規情報では、無駄なく、あなたの必要とするサービスは何であるのかを明確にし、債務整理の専門家や専門事務所を紹介するサービスを提供しています。

  • 日本法規情報へ債務整理相談→債務整理専門の法律事務所・専門家の紹介

日本法規情報で債務整理相談できる対象は?

全国のお金にまつわる問題を抱えた一般個人、事業主様が対象です。

  • 多重債務を抱えている方
  • 個人間での貸し借りに関する問題を抱えている方
  • 自己破産をお考えの方
  • 事業資金などでお困りの事業主の方
  • 過払い金の有無を知りたい方

日本法規情報の債務整理相談方法は?

無料相談

  @電話OR「問合せフォーム」からの問合せ
  Aヒアリング
  B相談窓口のご案内
  C日程調整
  D相談実施
  E今後の進め方の確認
  @〜Eの手順で進みます。

 

日本法規情報の債務整理相談の特徴は?

  • 抱えている各専門家事務所が全国に1000軒以上
  • 1000人以上の各専門家の中からご案内
  • ご依頼者のお悩みの内容により、適任と判断できる各専門家・事務所をご紹介

無料相談

※ご依頼者の多様な条件により、性別、経験年数、法律事務所であれば、対応時間、対応曜日なども考慮し、紹介します。  

無料相談

日本法規情報の債務整理|相談の料金は?

「無料で相談出来ます」

※法律的な個別のご質問などに関する回答に対しては、紹介させて頂く先の担当窓口となります。

 

日本法規情報は、アスクプロ株式会社が運営する「どこに相談したら良いか”わからない”を”わかる”に変える」の実現に向けたお悩みをお持ちになられている方と専門家とを結びつけるサービスの拡大を目的とした会社です。債務整理相談も業務の対象の1つとなっています。

無料相談

日本法規情報の債務整理を利用するメリットとデメリット

日本法規情報の債務整理相談をするメリット

「債務整理」の場合、あなたの実情をヒヤリングした時点で、あなたの必要としている専門家の抽出をします。
流れとしては、普通の展開ですが、全てが「自己破産」に向かうと言うわけではありません。
法律は当然関係しますが、案件によっては会計の問題も生じてきます。その他場合もあるでしょう。
事業主様の場合ですと、理由によっては、「補助金」、「助成金」などの申請が出来る場合もあります。
プロしか知らないマイナー情報を有している場合もあり、ケースバイケースで最善策のご提案が出来ることが一番のメリットです。

無料相談

日本法規情報の債務整理相談をするデメリット

「ありません」
強いて言えば、債務整理相談を通じて紹介を受けた後、法律事務所などとの具体的な相談内容などには、希望されても日本法規情報自体は、介入できません。
また、日本法規情報の債務整理相談は無料ですが、紹介した先の法律事務所などとの事務手続き後については、各事務所の提示する費用が生じます
一般的なことですが、債務整理相談する”まで”と”した後”の違いを勘違いをされている場合があるため、念のためお伝えしておきます

日本法規情報の債務整理相談|口コミ?

無料相談

良い口コミ

日本法規情報は悪質商法に関する調査結果を発表しました。老舗のニュースサイトであるマイナビがこのデータを利用していることからも、日本法規情報が信頼できる企業であることがわかります。
引用元 :マイナビ

法律相談をしたい人が、いきなり弁護士事務所では敷居が高いと感じる場合に、気軽に相談できるのが大きなメリットです

基本的にどっちも無料で使えるので大きな違いはないですが、提携している法律事務所は日本法規情報が圧倒的に多いです。
引用元 :遺産相続の相談窓口

借金問題を相談するのに日本法規情報を利用しました。平日は仕事で行くことが難しかったため日曜日に伺いたい旨、相談したところ、日曜日でも相談できる事務所を案内してくださり、助かりました。また、女性の方が話がしやすいので、女性の弁護士を希望すると、希望通り女性弁護士が対応してくれました。自分で探そうとすると、たくさんの事務所からどこを選んだらよいのかわかりませんでしたが、日本法規情報に相談して、対応していただき大変助かりました。
実家の両親に仕送りが必要になり、妻に内緒で行っていたのすが、会社の業績が悪くなり給与が下がり、同時に子供にもお金が必要になったことがきっかけで、すぐ返すと決め、消費者金融からお金を借りて仕送りを継続していました。しかしいつのまにか返済が難しくなるほどの額に膨れ上がってしまい、自分ではどうにも出来ないと、日本法規情報にネットから相談しました。日本法規情報ではすぐに対応いただき、債務整理をしてもらえる事務所を紹介してもらえて、妻にもバレず借金を返済することが出来ました。紹介してもらえた事務所の費用も思いのほか安く、本当に助かりました。

いろんな事情を考慮して、ケースバイケースで事務所を紹介してもらえているのが伺えます。家族にバレることなく、自分の範疇で問題を解消できた方がいらっしゃいましたが、初動が早いことで、事なきを得ることも出来る一例だなと思います。

悪い口コミ

相続相談窓口会社と銘打って、ネット上で弁護士、司法書士、税理士、行政書士等の士業を紹介するという会社。

実態は士業関係からHPに載せるための広告料を法外な値段でガメてるだけの会社。ただのHPの詐欺会社。
引用元:2ch


非弁行為だという方がいらっしゃいますが、日本法規情報の債務整理相談の内容を知らない方が批判しているに過ぎません。
士業の領域まで立ち入ることはありません
日本法規情報の債務整理相談は、債務整理相談が出来る弁護士、弁護士事務所、会計事務所などを紹介するだけに特化したサービスです。

日本法規情報で債務整理|多重債務OK!まずはご相談を!のまとめ

日本法規情報での債務整理相談は、借金などでお悩みの方に、法律事務所や会計事務所などを紹介・斡旋する無料提供サービスです。
あなたが、頭の中で考える整理法とプロが考える債務整理法は違います。
また、完全な第3者的な立場の日本法規情報の相談員には、関連する法律以外の窓口のルートも想定できることもあります。
全てが、あなたの事情次第で、最善のルートを提案します。
日本法規情報の債務整理相談では、依頼者様の一人一人の事情を考慮しつつ、プロの目で、依頼者様のご意志、ご要望に合致すると法律事務所をご紹介させていただいています。
債務弁済、債権回収ともども行動は早ければ早いほど良いです。

無料相談

債務整理をすることは、早期に負の遺産を清算するためにの重要な法律行為です。
生きていく以上、お金の問題はついて回ります。
必要な時に必要なお金を準備できている人生を取り戻すためにも早期の行動をおススメします。

 

今回は、借金を抱えている方を前提とした話となりましたが、「貸した金を取り戻したい」とう方に対してのサポートも行っています。

 

日本法規情報で、リスタートするきっかけを掴んでください。